MENU

体臭の改善グッズを使用しよう

体臭の改善には、最近では様々な対策グッズが販売されています。

ただし、一言に体臭と言っても場所や原因は、それぞれ異なります。
まずは、体のどの部分から匂いがするのか?まずは自分で認識することが大切です。

まずは、どんな体臭があるのか知っておきましょう!

体臭には種類がある

体臭に悩んでいる人もいれば、自分の体臭に全く気がつかずに周りに迷惑をかけている人もいます。また、普段は自分の体臭が気にならなくても汗をかくと気になることもあります。

また、加齢とともに臭うようになる加齢臭などもありますが、体臭と加齢臭の違いは、加齢臭のほうがしつこくて、シャワーを浴びたぐらいでは臭いが消えませんから、お風呂に入ってキレイに体を洗うようにしてください。

体臭の原因には加齢臭の他に、皮脂腺が原因の体臭やエクリン腺が原因の体臭の他、女性特有の臭いなどがあります。皮脂腺が原因の体臭は、動物性脂肪の過剰摂取で皮脂腺の働きが活発になるために体からの臭いが強くなります。

そのため、お肉やチーズや動物性の食品を摂りすぎないようにすることで改善することができます。

エクリン腺が原因の体臭には、わきの下やへその回り、外耳道や性器肛門の周辺他毛穴の出口と共有している汗腺は皮脂の常在菌が発生しやすく、そのため発酵臭の臭いが発生しますが、代表的なのがワキガ臭です。

ワキ体質の人が動物性脂肪を摂りすぎると皮脂腺からの生成量が増えて、さらに臭いを強くしてしまいます。ワキガが強すぎる人は脱毛で臭いの改善をしている人もいます。
また、女性特有の臭いがありますが、女性特有の臭いで一番影響を受けるのは月経の時ですが、月経前にはホルモンの影響で皮脂腺が刺激されて皮脂がたくさん分泌されるために起ります。

体臭は体を清潔にしておくことで気にならなくなる体臭もありますが、ワキガなどのように清潔にしておくだけでは解決できないものもあり厄介です。

上記は健康な体での体臭を上げましたが、病気が原因になって起る体臭もあります。そのため、汗や尿や吐く息で病気がわかり、明治までは医師も体臭で病気を判断していたといいます。

ワキガは体臭の中でも強烈

体臭はそれを発している本人が気付いていないことが多く、下手に教えてあげると、人間関係がこじれてしまう恐れもあり、注意しにくいものです。

上司が同僚に指摘しにくいものに、体臭の臭さや口臭の臭さ、鼻毛などがありますが、体臭の臭さがトップにあげられているほど指摘しにくいのが体臭です。

体臭の中でも、周りの人も一番耐えられない臭いがわきがです。わきがの場合は、他人の反応で気づかされることが多く、気づくと今度は大きなコンプレックスに陥ってしまうケースも多いです。わきがの体臭改善には、わきの無駄毛の自己処理とか脱毛に通って改善する人は多いです。

わきが対策コスメもたくさん販売されていますが、その中には危険なものもあるので選ぶのに注意が必要です。

人気のあるわきが対策クリームやデオドラントなどの多くが、シリコンの成分が入っており、臭いを消すことはできますが、有害な成分なので気を付けてください。また、毛穴を詰まらせるデメリットもあります。そして、やむを得ず使用しても、過度の使用は避けることをおススメします。

また、制汗剤は汗を抑えることを目的とし、デオドランドは臭いを抑えることを目的としていますから、その違いを理解して選ぶことをおススメします。
わきが対策のコスメも様々ありますが、可能ならわきがの体臭改善としては脱毛がおススメです。日本で脱毛が始まってから20年以上も経過して、その安全性も立証されています。

ちなみに、心身ともに健康な生活を心がけて日々を送っている人は体臭も少ないようです。従って自分の体臭が気になったら体臭改善に努めるとともに、落ち込まずに、清潔を心がけることをおススメします。

口臭は虫歯の可能性もある

口臭は全くある人とない人がいますが、必要以上に口臭を気にする人もいる程、体臭の中では多くの人が気にする部位です。ただ、口臭は自分でも気がつきにくいのも確かで、自分の口臭はマスクをつければわかります。

口臭の原因には、虫歯とか歯槽膿漏などが原因していることもあり、虫歯などからきている体臭改善には歯科での治療が必要になります。

また、唾液の臭いで口臭がする場合がありますが、唾液は本来は限りなく無臭なのですが、唾液が臭くなる原因には、歯周病や虫歯、歯垢や口内環境が悪化して細菌が異常に増えて口臭がする場合があります。

その他口臭には、舌苔と呼ばれる舌の表面に白や黄褐色の苔状のものができて、唾液に混じって口臭が発生することもあります。

扁桃腺が腫れると口臭が発生しますが、扁桃腺が腫れるのはウィルスや細菌が入って戦っている状態で、細菌の死がいと唾液が混じって臭いが発生して口臭の原因となってしまいます。その他には唾液が少ないと臭いの元になる菌を洗い流すことができないために起る口臭もあります。

そして、病気やストレスなどで体の抵抗力が下がっているときには唾液の抗菌効果も衰えて口臭を出しやすくなります。

また、胃腸が弱っているときにも口臭が発生しますし、ストレスで口臭が酷くなる時もあります。口臭の原因は様々で、歯科医での治療が必要なものもあれば、胃が弱っているための内臓からきているものなど様々なので、口臭の体臭 改善には原因を見極めなくてはなりません。

病的な口臭ではない場合は、口臭改善サプリなども販売されていますから試してみてください。

足臭いも体臭の一つ

体臭のひとつに「足の臭い」というのがありますが、足の臭いは疲労臭から発生します。

疲労臭とは、不規則な生活やストレスや睡眠不足などから発生する体臭ですが、睡眠不足からも発生しますから、生活習慣の見直しをおススメします。

足の臭いを防ぐには、上記のような生活習慣の見直しで体臭改善をはかるとか、靴下をはかないとか、なるべくナイロン製のストッキングを避けるなど、通気性の良い素材の靴下を選んで下さい。

そして、お風呂に入って足を洗うときは、足の指の間もかかともくるぶしも洗いにくい部分なので、垢が残らないように丁寧に洗ってください。

また、ミョウバンで足の臭いを消すのもおススメです。やり方は、ミョウバンを水で10倍に薄めたミョウバン水を作っておき、足を洗った後に吹きかけたり、靴下に直接吹きかけて乾かすと臭いが消えます。さらに10円玉を靴の中に入れると不思議に臭いが消えるので試してみてください。10円玉はたくさん入れる程効果があるようです。

また、同じ靴を履き続けずに一日おきに交換して水分や湿気を取ることも必要です。足の臭いの解消にもなりますし、靴を長持ちさせる効果もあります。

意外なのは靴を冷凍するという方法です。靴を冷凍庫に入れるのは抵抗があるかもしれませんが、しっかり包んで入れれば何も問題がありません。

靴を冷凍することでバクテリアほかの雑菌が死滅しますから、嫌な臭いの元を経つことができます。足の臭い対策は様々ありますが、まずは清潔が第一ですから、清潔を心がけてください。

加齢臭は40歳から要注意!

体臭のひとつに、加齢臭というのがあります。老人特有の加齢臭は、年を取ってお風呂に入るのが面倒になるとか、着替えも面倒になり、そのため不衛生になるからだとの誤解もありますが、実は体の内部からの変化で加齢臭が生じているのです。

加齢臭の原因物質に「ノネナール」と呼ばれる物質が存在していて、この物質は皮脂腺のなかのパルミトオレイン酸が過酸化脂質によって分解されるメカ二ズムから老人特有の加齢臭が発生します。

加齢臭を発する皮脂腺は頭や額、鼻や耳の付け根の後方他体の上半身のほとんどにたくさん存在し、特に耳の後ろからは強い高齢者独特の臭をだします。

ただ、加齢臭は高齢者になると臭いがきつくなるだけで、多くの人が40歳を過ぎるころから始まります。加齢臭の臭いは、古い本のような臭いとか、蝋燭を吹き消した後のような臭いとか古い家のような臭いとも表現されています。

加齢臭は男性、女性関係なく誰にも起こり、そして、どんなに努力をしても完全に消すことは無理だと言われています。従って可能な限り臭いを出さないようにする対策しかありませんが、まずは清潔第一を心がけてください。

その他加齢臭対策に効果があるのは、野菜を多くして動物性たんぱく質を減らしお酒やたばこは控えることをおススメします。
有酸素運動も体内で発生する酸化を抑えて加齢臭の発生を防ぎますから、試してみてください。有酸素運動は脂肪が燃えやすく、ダイエットに用いられることも多い運動ですが、カロリー消費効率が良く毎日継続しやすい運動です。

有酸素運動の方法はユーチューブでもたくさん紹介されていますので、参考にして正しい方法で効果的に行うことをおススメします。有酸素運動はあらゆる体臭改善に効果が期待できます。

病気から来る体臭

人知れず悩んでいることも多い体臭ですが、体臭改善には自分の体臭の種類と原因を知ることから始めなければ根本的な改善が期待できません。

体臭は不潔にしているからというイメージを持ってしまいがちですが、しかし、不潔にしているからではなくなんらかの病気が原因になっている体臭もあります。

一番わかりやすいのが糖尿病ですが、糖尿病の人は甘酸っぱいにおいがすることで知られています。糖尿病になるとインスリンの分泌の低下から糖代謝の異常が起こり体臭となりますが、ケトン体と呼ばれる物質の一部が汗と一緒に出て体臭となってしまいます。

その他パーキソン氏病や、慢性中耳炎や蓄膿症でも体臭がしますし、腎臓病の全般で体臭がきつくなります。

また、胃腸障害があると酸っぱいにおいや腐敗臭がします。このように病気からきている体臭は独特な臭いのことが多く、独特な臭いは体からの病気のシグナルとも言われていますから、体臭に注意をしていると病気の早期発見にもつながります。

しかし、自分の体臭は気がつかないことが多く、家族からの指摘でわかることが多いです。この他、汗をかきやすくなる病気もあります。

例えば、甲状腺機能亢進症になると、甲状腺ホルモンの分泌が盛んになり多量の汗をかきそのため体臭がしてしまいます。また、病気というほどでもないのですが、多汗症の人は緊張すると大量の汗をかいたり、日常的に汗を多くかくので、体臭となって悩んでいる人もいます。

多汗症の人は精神的なことからきていることが多く、精神的なことが原因している場合は心療内科での治療になることもあります。

自分の体臭に気づかないのは要注意

誰にも言えない、また、言ってもあまり解決にならないのが体臭です。人知れず悩んでいることが多い体臭ですが、一口に体臭と言っても様々で単に清潔に気をつけても解決が難しいです。

体臭は、案外体の内部からきていることが多いです。

体臭が内科的な病気が原因している場合もあります。例えば皮脂腺が原因の体臭とか、エクリン腺が原因している体臭とか、アポクリン腺が原因の体臭、あるいは女性特有の臭いの場合もありますし、男性特有の体臭もあります。

このように様々な原因から体臭が起っていますから、まずは体臭が発生する原因を知る必要があり、それを知らなければ体臭の根本的解決は難しいといえます。しかし、それ以前の問題で自分の体臭に気がつかない人も多いです家族がいれば注意をしてくれますが、一人暮らしの場合など誰も注意をしてくれません。

かえって周りの人が注意をした方がいいかどうか悩む場合もあります。しかし多くの人は親切に教えて恨みを買うよりも黙っている方を選んでしまいます。「臭い」と言われるのは男性でもだいぶ腹が立つようです。
幼稚園の我が子に「パパ臭い!」と言ったら、ムキになって怒ったのでそれっきり幼稚園の子も言わなくなったケースもあります。

そのパパも一瞬怒ってしまって猛反省したのですが、後の祭りだったようです。我を忘れて幼い子を怒ってしまうほど、臭いと言われるのは男性でもショックなようです。

体が臭くないようにするには清潔に気をつけたり食事に気をつけたり、バランスの良い食事を心がけたり、またストレスからも体臭が強くなりますから、ストレスの解消に努めるなどの体臭改善の方法を試してみてください。
あるいは、内臓からきていることも多いので、その面からも体臭改善の方法を考えてみてください。

汗と血液と体臭


日本人は比較的に体臭が少ない民族でしたが、これは太古の昔の日本人は狩猟民族ではなく農耕民族でしたから、動物の肉を食べなかったことも原因していると思われます。

そして時代は進んでも和食は野菜中心で、宗教的意味合いから四足の動物を食べることさえ禁じられていた時代もありましたし動物の肉を食べることは多くありませんでした。食べ物ばかりが体臭の原因ではありませんが、ニンニクを食べた後の口臭がすごいように、食べ物と体臭の関係は密接なものがあります。

そして、戦後の食生活の変化で肉類を多く食べるようになると共に日本人も体臭に悩まされる人が多くなっています。自分の体臭に悩まされて、体臭改善をするために知るべきことは、自分の体臭の原因を知らなければなりません。

そのため、知っておきたいことのひとつに「汗と血液と体臭の関係」があります。汗は血液中の水分が皮膚に浸み出して汗となります。実は尿も血液が腎臓で濾過されて作られています。

汗腺の再吸収というのがありますが、これは、皮膚の表面にある汗腺が血液の中の水分と塩分を吸収してミネラルや古くなった物質を戻すメカニズムのことを言います。

血液から作られた汗が体中に行き渡りますから、汗のかき方によって健康状態がわかりますし、臭いが体臭となって出てきます。

よく汗をかかない人は体臭が強いとか、適度な運動で汗をかくと体臭が消えるというのはそのためです。生活習慣の予防他、全ての健康で適度な運動が勧められていますが、自分の体臭が気になったら、生活の中で適度な運動をしているか振り返ってみてください。

ストレスと体臭の関係


胃が悪いと口臭が強いとか肝臓が悪いと体臭が出るなど、体臭は何らかの病気が原因していることが多いです。

そのため、体臭改善には自分の体臭の原因となっているものを突き止めないと根本的な改善ができません。体臭が病気と関連しているものの一つにストレスがあります。

ストレスはうつ病を招くなど健康に良くないことは知られていますが、ストレスは体臭を強くする原因ともなってしまいます。ストレスが体臭を引き起こすメカニズムは、皮脂腺から臭い物質を分泌させてしまう事や、精神的なもので胃が痛くなるように、胃や腸を悪くすることから体臭を出してしまいます。

また、ストレスから腸内環境を悪くすると悪玉菌が増えて有害物質が増えて便秘になりおならも臭くなりますし、体臭も強くなってしまいます。

ストレスからくる体臭改善にはストレスを解消しなければなりませんが、ストレス解消というのが簡単そうでいて難しいので厄介です。なぜならストレスがあって落ち込むとストレスを解消しようとする元気すらなくなってしまうからです。それがわかっているので、元気なうちに自分にあったストレス解消法を見つけておこうなんて考えても無駄です。

例えば、映画ならただ観ているだけでいい、映画の世界にしばし没頭して現実を忘れることができる、などと考えますが、ストレスがあるときは映画館に行く気力すらなくなります。おススメは手軽に簡単にできるストレス解消法です。

大声で歌うとか、大きな深呼吸をするとか、あるいは瞑想や部屋のお掃除もおススメです。

体に悪いところがなければ、部屋の掃除で体を動かしているうちに案外気持ちまで軽くなりますからお試しください。そして、部屋がキレイになると気分まで気持ち良くなるのは間違いなしです。やけ食いややけ買い、ヤケ酒は自己嫌悪に陥りさらにストレスを強くしますから避けてください。

冷え性と体臭

色々なことが関係して体臭となってしまいますが、冷え症も体臭に大きく関係しています。一見体温の低い人は体臭もなさそうに感じます。

体臭のイメージからすると、太って体温も高く汗かきのおじさんです。体温が高い人ほど体臭がありそうな気がしますが、しかし、実際は体温の低い冷え性の人も体臭を発生しやすいのです。

冷え症の人は血行が悪い人が多いですが、冷え症は血流障害のひとつです。血流障害は血流ばかりでなく体の隅々までの末端までのリンパの流れも悪くなります。その結果、血液の中の疲労物質や老廃物が上手く流されずに血液の中に滞ってしまいます。

血中に溜まった毒素は汗となって体外に排出されますが、その時の異様な臭いが体臭です。そのため、冷え症が原因の人の体臭改善は血行を良くすることが大事です。血行は健康のバロメーターとも言われる健康の鍵を握っており、体臭改善のために血行を良くすることは即健康を維持することに繋がりますのでおススメです。

ちなみに血行が悪いと起る症状には、肩や関節の痛みや腰の痛み他、肌荒れなどを起こします。
冷え性の体質改善に効果があるのが白湯です。白湯は夜寝る前に作って保温の水筒などに入れて枕元に置き、朝目が覚めたら最初に飲むことをおススメします。

また、食材も体を冷やす果物や高い木になっている果物よりも、サツマイモ他地中で採れるものの方が体を冷やさずに冷え性になるのを防げます。

またカボチャ他色の濃いものは体を冷やさないのでおススメです。とにかくできるだけ暖かいものを食べるのが冷え性予防になり、体臭改善にもなり、健康を維持することができます。

胃と体臭の関係

胃と体臭に関しては、胃が悪いと口臭が酷くなることで多くの方に知られています。

軽い口臭ならほとんどの人にありますから心配はないのですが、極端に酷い口臭の場合は、胃が悪いとかあるいは虫歯他も口腔内の病気が考えられます。

また、口臭は胃が悪いだけでなく他の内臓の病気が原因していることもありますから、酷い口臭が長く続くときは内科医の診察を受けることも検討してみてください。早めの対処で大きな病気も防ぐことができます。

そして胃を悪くしないために気をつけたいのが乳製品です。乳製品は摂りすぎると胃腸に負担がかかる他、乳製品には酸が含まれていますから、酸性の胃酸の働きを弱めてしまい、胃もたれなどを起こして口臭の原因となってしまいます。

食べ過ぎは胃を悪くしますが、体が疲れているなど特に体調が悪いときに食べ過ぎると胃を悪くしやすいので気を付けてください。ただ、必要以上に口臭を気にする人もいます。親や家族もそんなに臭くないと言っても聞き入れず胃腸科で診察を受けた女子大生がいます。

診察した医師は、胃も悪くないし口臭も心配ないと女子大生に言ったのですが自分の口臭が酷いと思い込んでいる女子大生には納得できませんでした。そんなとき、「森田神経質」という本を紹介されて、自分の口臭について過度に神経質になっていたのが軽くなったといいます。

口臭を気にして虫歯も完全に治療をしたのに、歯磨きも完璧にしているのにまだ口臭が気になる人もいます。そのような時には他の原因を探ってみるのもおススメですし、口臭に限らず自分の体臭に過度に神経質にならないことも大事です。

食べ物にも気を付けよう!

自分の体臭が気になって改善しようと思っても、自分の体臭の原因がわからなければ効果的な体臭 改善ができません。便秘や下痢などで腸内環境が悪化するとアンモニアが発生して、体臭を強くします。

そのため腸内環境を良くする食べ物を摂ることがおススメですが、乳酸菌を摂ると善玉菌が多く発生し悪玉菌を抑えて体臭の発生を抑えることができます。

乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌とがあり、動物性乳酸菌は熱に弱いため、腸に届く前に体内の温度でその多くが消滅してしまうとされています。そのため体臭改善を望むなら植物性乳酸菌を多く摂ることをおススメします。

植物性乳酸菌は食物繊維に多く含まれていて、きのこや野菜類に多く含まれています。そして、漬物や、味噌や醤油などの日本古来の発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれているのでおススメです。

これらの食品は便秘解消の食品としても奨められていますが、便秘が続くと排出されない食べ物(便)が腐って特有の臭いを発して体臭となったり、臭いおならとなります。

便が体内で腐ると毒素も発生して血液に乗って全身に駆け巡り、汗をかくときに腐敗臭が体外に排出されて体臭となってしまいます。

自分の体臭も鼻が慣れてしまえば感じなくなくなってしまいます。周りの人が言ってくれることもありますが、他人の不快そうな顔で気がつくこともあります。

もし、10日以上便秘が続いたときは体臭が強くなっていることがありますから便秘の改善に努めて、体臭改善を行ってください。便秘の改善に効果のある食べ物を積極的に摂る他、ニンニクなどは便の臭いをさらに強くしますから避けてください。

にんにくなどは特にそうですが、にんにくを食べた後の口臭は強烈です。

また、朝鮮漬け他にんにくを使う料理が多く、常ににんにくを食べている韓国や朝鮮の人達は口臭ばかりでなく、強い体臭がします。にんにく料理ほど強い臭いではなくても、食べ物によって不快な体臭を出してしまうこともあります。

不快な体臭を出しがちな食べ物には、肉類や揚げ物やケーキなどの他、動物性脂肪を多く含む食品があります。これらの食品を食べ続けると不快な体臭の原因となってしまいます。

肉類や揚げ物などは消化に時間がかかるため、腸内に留まっている時間が長くなり、その間に発酵や腐敗が進み、アンモニアなどの臭いの原因物質を発生させてしまいます。そして、発酵したり腐敗して臭くなった物質が、血管内に浸透し血液の流れと共に体中を回り、汗や皮脂と共に排出される時に不快な体臭となってしまいます。

現代の人の野菜不足が指摘されていますが、バランスの良い食事を摂ることで体臭 改善も予防もできますし、健康維持のためにもバランスの良い食事は必須です。

そして、もしもどうしても野菜が摂れなかったら、サプリメントなどでビタミンを補うことをおススメします。

一般社団法人 日本サプリメント協